DANCEDOOR

NEWS

お知らせ

10月22日(金)振付家・ダンサーのためのセミナーvol.1「著作権の権利処理、契約の知識・方法を弁護士に学ぶ!」

2021.10.12

振付家・ダンサーのためのセミナーvol.1「著作権の権利処理、契約の知識・方法を弁護士に学ぶ!」

JCDNでは、ダンスビデオ配信サイト『DANCE DOOR』https://dancedoor.jpを6月30日に立ち上げました。こちらのサイトでダンス作品の配信、VR映像の配信をいただく事で、公演以外でアーティストの皆さまに収益を生み出し、活動の資金源を確保していこうという新たな試みです。ようやく配信作品の公募要項がまとまりましたので今回のセミナーで説明させていただきます。

それぞれのアーティスト・カンパニーが生み出したダンス作品を、現代の文化的財産として、しっかりと未来に残すこと、どこにいても、いつでも誰でもが観ることの出来る環境を創りたい。そしてそのことによってアーティストやカンパニーに少しでも収益が入る仕組みを創りたい、と考えております。

今回のセミナーでは、ダンスビデオの配信に関して、必要な著作権の権利処理や契約の知識や方法を『DANCE DOOR』法務アドバイザーである、骨董通り法律事務所の田島佑規弁護士にわかりやすく解説いただきます。

著作権や契約という言葉を聞いただけで、苦手意識があったりする事もあると思います。しかしそのことを知っているのと知らないのとでは、活動の広がりが変わってきます。弁護士さんに直接質問できる機会はなかなかないと思いますので、是非この機会に気軽になんでも聞いてください。

なお、本セミナーは誰でもご参加いただけるようオンライン配信(一般公開)しますが、NPO法人Japan Contemporary Dance Network(JCDN)会員は無料です。

もし、日程や時間的に参加が難しい方で、何か質問がありましたら、下記セミナー申込サイトにその旨と質問をお書きください。

■日時:2021年10月22日(金)19:00〜21:00
■視聴方法:ZOOM配信(オンライン視聴のみ)※要事前申込
■講師:田島佑規弁護士(骨董通り法律事務所)
■ナビゲーター:佐東範一・清水幸代(JCDN)

■内容・スケジュール *途中休憩あり
1)JCDN/『DANCE DOOR』の作品公募要項について説明(約15分)

2) 田島佑規弁護士(骨董通り法律事務所)/
・オンラインダンス映像配信に関して権利処理の進め方
・これからのダンス作品上演の際の契約取交わしの在り方(60分)
3)なんでも質問コーナー(40分)

田島 佑規 Yuki Tajima
弁護士。骨董通り法律事務所(https://www.kottolaw.com/)所属。
大阪府高槻市出身。2015年京都大学法科大学院修了。2016年弁護士登録。骨董通り法律事務所にてアート・エンタテインメント業界のクライアントに対する法務サポートを中心的に行う一方、クリエイティブ業界を対象にリーガルサポートを提供する「デザイナー法務小僧(https://d-kozo.com/) 」企画・運営、文化庁「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」権利処理チーフなどを務める。Twitter:@houjichazuki
参考資料:
下記からPDFをダウンロードしてください。

■参加費:JCDN会員/無料 一般参加者/1,000円(税込み)

■申込方法:下記サイトより参加希望と必要情報の入力をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/1aTAOA_qJ42xDI43rSEUHtaf-SjFemRlN0GYEtj2vKGg/edit?hl=JA

*お申し込みフォームから入力いただき参加申し込みをお願いします。

*NPO法人Japan Contemporary Dance Network(JCDN)の非会員の方は下記からお参加料の支払いをお願いいたします。

支払方法:JCDN DANCE ONLINE SHOP(オンライン決済サイト)よりお支払いください。
https://jcdn.official.ec/items/53110421

*開催日の前日までに事務局より会議アカウントをお知らせします。

本セミナーはZOOM映像を記録して、後日、DANCE DOORサイト「How to join」のページで無料公開する予定がございます。

HOW TO USE 視聴方法